Event is FINISHED

地域みらい留学LIVE「これからの時代の地域と教育の未来」– 地域みらい留学2020オンライン 特別プレイベント-

Description

休校下での学び、授業のオンライン化、学校の価値の再定義。

わたしたちはいま、大きな時代の変化の渦の中にいます。

子どもも大人も「学ぶとは何か」「これからの時代をどう生きるのか」「どこで暮らすのか」を問い直すタイミングが来ています。


このたび、中学生・高校生・大学生・大人と、世代を超えてともに考える機会をつくりたいと思い、特別イベントを開催することにしました。ビジネス、ソーシャル、パブリックセクターなど、様々な分野で活躍する第一人者をゲストに招き、それぞれの観点から「地域×教育」を切り口に対談をしていきます。

本イベントはどなたでもご参加可能なオープンセッションとなっておりますので、ご参加お待ちしております!

●中学生・高校生・保護者の方:地域みらい留学オンライン2020特設ページからお申込みください。

●上記以外の方:Peatix(本サイト)からお申込みください。

----------

【イベント開催時間 (10:00-18:30/出入り自由)】

10:00-11:30 「Withコロナの時代の地域で暮らし学ぶこと」
 ソトコト編集長 指出一正
 地域・教育魅力化プラットフォーム 理事・会長(リクルートキャリア初代社長)水谷智之
 地域・教育魅力化プラットフォーム 代表理事 岩本悠

13:00-14:30 「高校時代の逆境・越境・熱狂体験が切り開く自分の未来と可能性」
 HASSYADAI.social 代表理事 勝山恵一
 地域・教育魅力化プラットフォーム事務局長 尾田洋平

15:00-16:30 「高校生活を日本の田舎に留学する価値を問い直す」
 慶應義塾大学 特任准教授 若新 雄純
 大槌町教育専門官 菅野 祐太
 一般社団法人神山つなぐ公社 理事・ひとづくり担当 森山円香
 地域・教育魅力化プラットフォーム共同代表(認定NPOカタリバ代表理事) 今村久美

17:00-18:30 「探究で切り開く自分の未来~なぜ地域で子どもを育てるか~」
 探究学舎代表 宝槻 泰伸
 地域・教育魅力化プラットフォーム 共同代表(認定NPOカタリバ代表理事) 今村久美
 地域・教育魅力化プラットフォーム代表理事 岩本悠

----------

【テーマ/スピーカー】

◇◆=============================
 10:00-11:30 「Withコロナの時代の地域で暮らし学ぶこと」
=============================◇◆

■企画概要
『ソトコト』指出編集長迎え、地域みらい留学を推進してきた代表理事岩本とともに「Withコロナの時代に地域で暮らし学ぶこと」というテーマを深めていきます。
これからの時代に地域で暮らし、学ぶことにはどんな可能性や価値があるのでしょうか。
日本中の地域を見てきた指出編集長と高校魅力化の第一人者岩本が見つめる地域での暮らしと学びの未来を考えます。

■ゲストスピーカー紹介
【1】指出一正(さしで かずまさ)
『ソトコト』編集長

1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、地域のプロジェクトに多く携わる。
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。国土交通省「ライフスタイルの多様化と関係人口に関する懇談会」委員。総務省「過疎地域自立活性化優良事例表彰委員会」委員。農林水産省「新しい農村政策の在り方検討会」委員。UR都市機構URまちづくり支援専門家。BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」監修。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。

【2】岩本 悠 (いわもと ゆう)  
一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォーム 代表理事/島根県 教育魅力化特命官

東京都生まれ。学生時代にアジア・アフリカ20ヶ国の地域開発の現場を巡り、その体験学習記『流学日記(文芸社/幻冬舎)』を出版。その印税等でアフガニスタンに学校を建設。幼・小・中・高校の教員免許を取得し卒業後は、ソニーで人材育成・組織開発・社会貢献事業等に従事する傍ら、学校・大学における開発教育・キャリア教育に取り組む。2007年より海士町で隠岐島前高校を中心とする人づくりによるまちづくりを実践。「日本を立て直す100人(朝日新聞出版・AERA)」に選出。プロジェクトは第一回プラチナ大賞(総務大臣賞)等を受賞。2015年から島根県教育庁と島根県地域振興部を兼務し、教育による地域創生に従事。2016年「日本を変える」特別ソーシャルイノベータ―最優秀賞を受賞(日本財団)。
<近著>『未来を変えた島の学校‐隠岐島前発ふるさと再興への挑戦』(共著、岩波書店、2015)

■モデレーター
水谷 智之 (みずたに ともゆき) 
一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォーム 理事・会長/株式会社 リクルートキャリア 前代表取締役社長

1988年慶応義塾大学商学部卒。(株)リクルート入社。一貫して人材ビジネス領域に携わり、求人情報誌「Tech-Bing」「週刊ビーイング」編集長を経て、インターネット転職サービス「リクナビNEXT」の立ち上げを編集長として担当。2004年(株)リクルート執行役員、2006年(株)リクルートHRマーケティング代表取締役、その後(株)リクルート取締役(人事・総務・広報担当)を歴任し、人材育成PDSの構築、採用・育成・抜擢要件の構築、次世代経営者育成プログラムを構築。2009年(株)リクルートエージェントCOO、後に代表取締役社長としてリーマン後の事業再生を指揮。人材系の部門、関連会社を統合し、2012年より(株)リクルートキャリア初代代表取締役社長に就任。2016年3月末退任。また、2007年からは社会起業家育成にも取組み、「社会イノベーター公志園」の立ち上げと運営に携わるほか、地域、経営、人材、教育をテーマに活動中。


◇◆======================================
 13:00-14:30 「高校時代の逆境・越境・熱狂体験が切り開く自分の未来と可能性」
======================================◇◆

■企画概要
全国各地の高校と連携しプログラムを展開されるHASSYADAI.SCHOOL代表の勝山さんをお迎えし、地域みらい留学事業責任者の尾田とともに「高校時代の逆境・越境・熱狂体験」をテーマに深めていきます。
「全ての若者に自分の 人生を自分で選択する力を」を掲げ、教育業界で話題のプログラム”ヤンキーインターン”のモデルともなった勝山さんの背景にある体験と現在展開されている事業と地域みらい留学には、共通してこれからの変化の激しい時代を切り拓くための可能性があるはずです。それぞれの立場から、事業にかける想いを聞きながら、未来を切り拓く若者の可能性を探ります。

■ゲストスピーカー紹介
【1】勝山恵一 (かつやまけいいち)
一般社団法人HASSYADAI.social 代表理事

1995年生まれ。ハッシャダイが提供するサービス、ヤンキーインターンのモデルになった人物。株式会社ハッシャダイ創業からヤンキーインターンの立ち上げ、カリキュラム開発を行った。2019年よりHASSYADAI.SCHOOLを立ち上げ、2年間で計120校の高校で教育プログラムを実施。その他少年院、児童養護施設、法人向けと幅広い層に日本の若者達が自分の人生を自分で選択できるキッカケを提供する為に活動を行なっている。

【2】尾田洋平(おだようへい)
一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム 事務局長

島根県浜田市出身。大阪大学大学院工学研究科修了。2011年(株)リクルート入社。観光情報「じゃらん」の中国エリアの責任者などを歴任し、2018年6月末退社。2018年7月より地域・教育魅力化プラットフォームに入職。事務局長・地域みらい留学事業責任者。都会からの留学生を受け入れる。「地域みらい留学」は北海道から沖縄まで60校に広がり、3000人を動員する。


◇◆===============================
 15:00-16:30 「高校生活を日本の田舎に留学する価値を問い直す」
===============================◇◆

■企画概要
ゲストスピーカーに、女子高生がまちづくりを楽しむ鯖江市役所JK課などを企画するなど、独自のアプローチで社会の創造性や新しいコミュニケーションのあり方を探究する若新さんをお迎えし、震災直後に大企業を辞め、岩手県大槌町に飛び込み、地域の教育に関わリ続ける大槌町教育専門官菅野さん、徳島県神山町にて教育を起点にした地域づくりの可能性を探究する神山つなぐ公社ひとづくり担当森山さんで「高校生活を日本の田舎に留学する価値を問い直す」をテーマにそれぞれの立場から、これからの地方への留学の可能性や価値を考えます。

■ゲストスピーカー紹介
【1】若新雄純(わかしんゆうじゅん)
慶應義塾大学 特任准教授/株式会社NEWYOUTH代表取締役

福井県若狭町出身。慶應義塾大学大学院修了。大学での専門はコミュニケーション論。在学中に障害者就労支援を行う株式会社LITALICOを共同創業、取締役COOに就任。組織に適応できず2年足らずで退任し、大学院で研究に取り組みながら歌舞伎町でダイニング・バーを経営。現在は、大学教員を兼ねて全国の企業・自治体などで実験的事業を企画するプロデューサーとして独立。全員ニートの株式会社や、女子高生がまちづくりを楽しむ鯖江市役所JK課などを企画し、「ゆるさ」や「あやしさ」「?」といった独自のアプローチで社会の創造性や新しいコミュニケーションのあり方を探究。テレビ・ラジオ番組でコメンテーターとしても多数出演中。

【2】森山円香(もりやま まどか)
一般社団法人神山つなぐ公社 理事・ひとづくり担当

1988年生まれ、岡山出身。九州大学法学部卒業。大学休学中に島根県海士町の教育委員会と町営塾でインターンを経験し、復学後Teach For Japanの九州支部を設立。その後地域開発コンサルティングファームに勤め、神山町の地方創生戦略の策定支援業務に携わる。2016年から神山町に移り住み、神山つなぐ公社の教育分野を担当。徳島県立城西高等学校神山校・外部講師。

【3】菅野 祐太 (かんの ゆうた)
大槌町教育専門官

2009年、早稲田大学教育学部を卒業。同年、リクルートキャリアに入社。 祖父母宅が岩手県陸前高田市にあった縁もあり、東日本大震災を機に、2011年9月からコラボ・スクール大槌臨学舎の立ち上げに従事。一時、リクルートキャリアに戻るも、2013年4月から、大槌臨学舎の統括担当として勤務。2018年4月より大槌町教育専門官として、他の自治体では類を見ないNPOから行政で勤務。

■モデレーター
今村 久美(いまむら くみ) 
一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォーム 共同代表/認定NPO法人 カタリバ代表理事 

1979年生まれ。慶應義塾大学卒。大学卒業と同時の2001年にNPOカタリバを設立し、10代のための対話型キャリア学習プログラム「カタリ場」を開始。現在約100名の職員と共に、全国7拠点にて、被災した子どもたちに学びの場と居場所を提供する「コラボ・スクール」や、経済的困難を抱える生徒を対象にした学びの居場所事業の開発、誰でもこられる放課後の秘密基地など、『ナナメの関係』と『本音の対話』を軸にした、思春期世代の創造性を引き出す取り組みを継続して行っている。公益財団法人ハタチ基金 代表理事。文部科学省中央教育審議会 教育課程企画特別部会委員。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会文化・教育委員会委員。教育再生実行会議専門調査会委員。

◇◆===================================
 17:00-18:30 「地域に未来はあるのか~地域を学ぶことの可能性と課題~」
===================================◇◆


■企画概要
ゲストスピーカーに、情熱大陸にも出演し、社会から注目を集める”受験勉強も教科学習も教えないのに、子どもたちが学びに熱狂する塾を経営する”探究学舎代表”宝槻さんをお招きし、「高探究で切り開く自分の未来!なぜ地域で子どもを育てるか」をテーマに語ります。

■ゲストスピーカー
【1】宝槻 泰伸(ほうつき やすのぶ)
探究学舎代表

1981年東京都三鷹市生まれ。京都大学 経済学部 卒業。探究学舎代表。幼少期から「探究心に火がつけば子どもは自ら学び始める」がモットーの型破りなオヤジの教育を受ける。高校を中退し京大に進学。次男、三男も続き、リアルオヤジギャグ「京大三兄弟」となる。開発期間5年、子ども達が「わあ!すごい!」と驚き感動する世界にたった1つの授業を求めて、北海道から沖縄まで、時にアメリカ・ヨーロッパ・アジアからも親子が集まる。2017年はのべ約2,000人、2018年は年間約3,000人が参加。5児の父。

【2】岩本 悠 (いわもと ゆう)  
一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォーム 代表理事/島根県 教育魅力化特命官

■モデレーター
今村 久美(いまむら くみ) 
一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォーム 共同代表/認定NPO法人 カタリバ代表理事 


----------
■ 対象者:本テーマに関心があるすべての人
(小学生、中学生、高校生、大学生、保護者、社会人など、誰でもOKです)

■ 参加費:無料

■ 参加方法
オンライン動画配信ツールzoomを使用して実施いたします。お申込みいただいた方に、視聴可能なURLをお送りします。

■申し込み方法:
●中学生・高校生・保護者の方:地域みらい留学オンライン2020特設ページからお申込みください。
●上記以外の方:Peatix(本サイト)からお申込みください。

----------
▼「地域みらい留学」について
「地域みらい留学』は、都道府県の枠を越えて高校を受験し、北海道から沖縄まで、日本全国各地にある地域の公立高校へ留学する仕組みです。過疎・少子化がすすむ中山間部や離島などの地域は、社会問題が深刻化する地域であると同時に、豊かな自然、歴史や文化、人とのふれあいなど、貴重な教育的価値がある地域でもあります。本プログラムは、そのような都会では得難い体験や学びを求める生徒と地域の公立高校との出会いを生み出し、公立高校進学という新たな選択肢を提示する日本初の取り組みです。
https://c-mirai.jp/

▼「地域みらい留学2020オンライン」について
地域みらい留学にご興味のある中学生・高校1年生・保護者の方に向けた高校説明会で、2020年7月から10月の4ヶ月間において開催いたします。(初回となる7月開催は7月25日・26日)

https://c-mirai.jp/event

▼主催/一般財団法人 地域・教育魅力化プラットフォームについて
「生き抜く力を育む魅力ある教育環境を展開し、未来を創る『意志ある若者』に溢れる持続可能な地域・社会をつくる」というビジョンを掲げ、2017年3月に設立された教育事業団体。
隠岐島前高校の魅力化を推進してきた現在は島根県教育魅力化特命官も務める岩本悠、全国でナナメの関係と本音の対話を16年間届けてきた認定NPOカタリバ代表理事・今村久美、人材育成分野のトップランナーであるリクルートキャリア初代社長・水谷智之の3名がタッグを組み、地域の教育から社会を変えることを目指しています。
http://c-platform.or.jp/

Sat Jul 11, 2020
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
事前予約チケット FULL
Organizer
地域みらい留学LIVE
869 Followers
Attendees
605

[PR] Recommended information